>>吃音・どもりを治したい方のみご覧ください

2008年03月01日

どもり

どもりはけっして悪いことだらけではありません。
どもりのおかげでヒトに好きになってもらったっていう
ヒトもたくさんいます。

声の特徴をだせて嬉しいと感じるほうが
精神的にもとってもいいです。

ちょっと鼻声、
ちょっとなまったような。

声でヒトを好きになることもあります。
どもりの改善方法について。

完治しやす治療方法どもり、吃音(子供の どもり)と治りにく治療方法どもり、吃音(大人の どもり)がある。学齢期前前後の小児どもり、吃音は、環境調整を主とした治療で治ることが多治療方法が、一部の心な治療方法精神科医が「(どもり、吃音を自覚して治療方法る)大人の どもりは治らな治療方法」と診断してしま治療方法、どもり、吃音者を絶望のふちに追治療方法込んでしまうことは、昔からよく聞くことである。(恐らくインターネットから不確かな知識を得たのであると考えられる)。しかし、これは誤理解に因るもので一概にそうとは言えな治療方法。90年代のどもり、吃音治療(言語療法)によるどもり、吃音治癒率は一般的に約35%[12]とされ、1/3は満足に至るまで治すことができる。そして、根治する人も中には治療方法れば、根治しなくても矯正すればある程度どもり、吃音の状態が改善する人も治療方法る。また、海外の研究者のレポートには最良で最高質レベルの言語治療を受けた場合のどもり、吃音抑制率は約70〜75%程度に上ぼるとするものもある。

うぃきぺでぃあ参考

どもりはかわいらしいっていうひともいますし
私自身、アナウンサーのような声より
ちょっとなまっているような声がすきです。
posted by どもり克服し隊 at 20:13| どもり治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

どもり

どもりについて
吃音
吃音(きつおん)とは、発声器官に痙攣が起り第1音が出なかったり、ある音を繰り返し伸ばし起こる、言語障害。またはその状態。別名、どもりとも呼ぶ。言葉のリズムがおかしくなったり、突然高い音が出たりもする。
吃音
治療法のひとつにスピーチセラピーがあるが、必ずしも全員がこれで治るとはいえず、確立された治療法がないのが現状である。スピーチセラピーの原理には、心身一元論が根拠にある。もし吃音を心身二元論で考えると、吃音の原因は脳の「過剰反応」によりおこるものとされる。吃音治療を専門にする病院では、大部分がこの論を治療の根拠にしている。つまり脳の過剰反応をおさえれば吃音が出なくなるという理論である。
吃音
成人では1%、学齢期の子供で1.2%、5歳までの子供では5%が吃音者であるといわれる。吃音は本人が隠したがることが多く、本人が気づいてない場合もある。(本人が吃音だと気づく前に治ることもある。)
吃音
また吃音者が思っている心で感じる苦痛などよりも周囲の人間は楽観的に接することが多い。 例「今はスムーズに話せているじゃないですか」
ウィキペディアより
posted by どもり克服し隊 at 22:24| どもり治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。